パンフレットを印刷したい方への紹介部屋

パンフレットを印刷したい方へ向けて詳しく解説しています

パンフレットの印刷で注意すべきこと

パンフレットの印刷を行う時の注意点には綴じ方をどのような方法にすべきなのか、見開きで見る事が出来るページを製作する時には、断裁がどこで行われるのかを考えてページレイアウトを作成するなどがあります。例えば、閉じ方には平綴じ製本と中綴じ製本の2種類があり、平綴じ製本は8ページなどのページを束にして、冊子の背になる部分に糊を塗布してから表紙で包むように行う製本スタイルです。中綴じ製本はA4仕上がりの場合、A3サイズを2つ折りにしてから各ページを重ねて行き、最後にページの中央を針金で固定を行う製本スタイルになります。平綴じ製本の場合は、ページ数が多い冊子に向いている製本スタイルで、中綴じ製本は比較的ページ数が少ない冊子に向いている製本スタイルになります。綴じ方によりページ構成が変わるので最初に閉じ方を決めておく必要があります。

中綴じ製本と平綴じ製本ではページの順番が変わります

10ページのパンフレットを製作する時、製本スタイルに関係なく、A3サイズの用紙の右側に表紙、左側に表4ページが来るようにレイアウトを行い、表紙の裏側は2ページ、表4ページの裏側は9ページになります。しかし、3ページ目から6ページ目までのページ順は平綴じ製本の場合と中綴じ製本の場合では異なります。もし、ページの順番を間違えてしまうと製本を行った時にページの順番が狂ってしまう事になるので印刷物を製作する場合には製本スタイルを決めておく事、そしてそれぞれの製本スタイルに合うページレイアウトを作成しておく必要があります。ちなみに、ページの事をノンブルと呼びますが、ノンブルはページの下中央に記載をするケース、喉側に記載するケースなどがあります。ノンブルを記載する時には、有効範囲内に入るように設定しておかないと、断裁した時にノンブルが切れてしまうケースがあるので注意が必要です。

ページの有効範囲の目安になるものをトンボと言います

パンフレットは印刷が行われた後に製本と呼ばれる作業を行い、1冊の冊子が完成します。製本の中では断裁や折り、丁合などの作業を行う事になりますが、これらの作業はページの四隅と中央に記載してあるトンボを使って作業が進められて行く事になります。DTPソフトウェアを使う場合には、最初にマスターページにトンボを作成しておけば、各ページには同じ位置にトンボが付いて来るので、製本作用を行った時に、ノンブルが切れてしまう、写真の一部が断裁でカットされてしまうなどを防ぐ事が出来ます。パンフレットの中には3つ折りや観音開きなどの特殊な製本を行って冊子を製作するケースもありますが、3つ折りの位置や観音開きにする時の折り位置を決めるのがトンボであり、専用のソフトを使わないで製作を行う場合には、トンボを付けた状態でデータを作成する必要があります。

【パンフレットの印刷】承ります トレーディングカード印刷など、コミック系。 うちわやカレンダーなどのノベルティ商品の実績が豊富。 オリジナルうちわ、カレンダー印刷などのノベルティ、トレカやしおり等のコミック系商品。 在データを使ったリピート注文や商品を引取りに来た会員様にはポイント5倍。 トレーディングカードは、少部数から多種・短納期対応。2月からオリジナルうちわの早期キャンペーンを行います。