パンフレットを印刷したい方への紹介部屋

パンフレットを印刷したい方へ向けて詳しく解説しています

おすすめのパンフレットの印刷会社の選び方

製品を紹介する上で必要不可欠なのがパンフレットやカタログなどの冊子です。冊子は複数のページで構成が行われているものを意味しており、チラシ広告などのように両面もしくは片面のチラシはペラ物と呼びます。ページ数が多くなる分、コストも掛かる事になるのが特徴ですが、ページ数が多くなると刷版の製作数が多くなるからなのです。オフセット方式などの場合は、刷版にインキをつけてから、ブランケットと呼ぶローラーに転写を行い、用紙を流してブランケットの版を紙に印字する方法であり、刷版は面付けを行った数だけ必要になります。写真が多く掲載してあるカタログなどの場合、オフセット方式で製作を行えば、写真品質を維持した形で印刷が出来るなどのメリットがありますし、小ロットの場合にはオフセット方式ではなくオンデマンド方式の方がコストは安くなります。

通販サイトを利用する事で価格が安い会社を見つける事が出来ます

パンフレットを製作する時には、予算内で印刷物が完成する事が重要なポイントになって来ますが、近所にある会社に対して見積もりを依頼して値段を比較する方法もあります。しかし、展示会などで使用したいので、なるべく早く冊子が欲しいなどのケースもありますし、配布している中で不足してしまったので増刷したい時など、短時間で見積もりを集めるのは難しいケースがあります。最近は通販サイトを利用して冊子製作を依頼する事が出来る会社が多くなっていますが、基本的な価格などがホームページに記載してあるので、通販サイトを幾つか選んで、価格が比較すれば製作費が安いお店を見つける事が出来ますし、通販サイトを利用した場合は、全国からの注文が可能になるので、遠方にある会社でも送料が安ければトータル的な製作費を削減する事も出来るのです。

ホームページで製作実績をチェックしておきましょう

通販サイトを比較する事で値段が安いパンフレット印刷を可能にする会社を見つける事が出来ます。しかし、お店の中には名刺やチラシ広告を中心とした営業品目になっている所もあるので、冊子を可能にしているか否かをチェックしておく必要があります。尚、ホームページには過去の実績などの紹介が行われているケースもあるので、どのような印刷物を得意としている会社であるのかを確認しておくと安心です。特にパンフレットなどの冊子の場合には、製本工程が必要になるので製本工程に掛かる費用についても確認をしておく必要があります。さらに、遠方にある会社に依頼をした場合の送料や納期などについても事前に確認をしておくようにしましょう。製作費用が安くても、送料が多く掛かってしまえば、トータル的なコストが高くなる事もあるので注意が必要です。